一般社団法人宮崎県歯科医師会

イベント・活動

第34回学校歯科保健研究大会

第34回宮崎県学校歯科保健研究協議大会(オンデマンド配信)
 公開期間:令和3年12月~令和4年3月(予定) 
現在、公開準備中です。公開開始まで今しばらくお待ちください。
 

1.挨拶

(公開準備中)
 

2.表彰(学校歯科保健功労者)

(公開準備中)
 

3.研究発表

(1)宮崎県立延岡しろやま支援学校 養護教諭 内山優子 先生
  「 特別支援学校の子供の実態に応じた歯科保健活動
               ~将来を見据えた歯科保健の取組~ 」

【抄録】
 学校教育目標を「心豊かでたくましく地域社会で生きぬく力の育成」と掲げており、将来の社会参加や自立のために必要な力を身につけられるよう、地域社会と連携しながら、実現に努めている。
 この学校教育目標をもとに学校保健目標を「生涯を通して健康で安全な生活を営む態度を育む。」と定めており、子供の実態に応じた保健教育や支援活動により自立に向けた知識、態度及び習慣を身に付けさせることが、卒業後の歯・口の健康を維持することにつながるのではないかと考え、卒業後の自立を目指した歯・口の健康教育を進めることとした。その取り組みを報告する。

(動画は公開準備中)
 

 【内山優子先生の略歴】
   熊本大学養護教諭特別別科修了後、宮崎県内の小中学校の養護教諭として勤務。
   その間、平成24年度から平成26年度は、宮崎県教育庁スポーツ振興課指導主事として宮崎県内の
  小中学校、県立学校の健康教育に携わる。
   平成29年度より、現在の延岡しろやま支援学校に養護教諭として勤務。

 
 
(2)医療法人裕翔会 さかもと歯科・歯科口腔外科医院 院長 阪元文裕 先生
  「 宮崎県立しろやま支援学校と私と私たちの歯科医院の関わり 」

【抄録】
平成18年4月より宮崎県立延岡南養護学校の学校歯科医を担当。
平成20年延岡たいよう支援学校と名称が変わり、平成24年延岡わかあゆ支援学校と合併。
現在、延岡市唯一となったのが支援学校である。
16年ほど携わっているこの支援学校と学校歯科医である私と私たちの歯科医院との
学校歯科保健活動の経験を踏まえ、実際の現場と今後の展望について紹介したい。

(動画は公開準備中)
 

 【阪元文裕先生の略歴】
 (学歴)昭和63年3月 私立日向学院高等学校普通科 卒業
     平成 6年3月 鹿児島大学歯学部歯学科 卒業
     平成 6年3月 歯科医師国家試験 合格
     平成 6年5月 歯科医師免許登録
     平成18年4月 宮崎大学大学院医学系研究科 博士課程 細胞・器官系専攻入学
     平成28年3月 宮崎大学大学院 単位取得の為退学
  ———————————————————————————————————————————-
 (職歴)平成 6年 6月~同 8年 3月 宮崎医科大学医学部附属病院歯科口腔外科 研修医
     平成 8年 4月~同10年 3月 宮崎県立延岡病院 歯科口腔外科 勤務
     平成10年 4月~同11年12月 宮崎医科大学医学部附属病院 歯科口腔外科 医員
                      県立こども療育センター 歯科 非常勤務
     平成13年11月~        さかもと歯科・歯科口腔外科医院 開業
     平成18年 8月~        医療法人 裕翔会を設立
     平成24年 6月~        ひまわりデンタルクリニック 開業
     平成25年 6月~同29年 6月 宮崎県歯科医師会役員 理事 就任
     平成28年11月~        さかもと歯科・歯科口腔外科医院 夜間診療部 開業
     平成30年 3月~        歯科工房 ひまわり 開業

  (主催)宮崎県歯科医師会
  (共催)宮崎県教育委員会
  (後援)宮崎県学校保健会・宮崎県PTA連合会

先頭へ戻る